「好形」「悪形」

囲碁では「形」という言葉があります。「好形」「悪形」。

「好形」を指せば、自分の陣形がしっかりし、相手を「悪形」にすると相手の石の効率が悪くなり、こちらが有利になります。
有段者は「形」に敏感で、「好形」の手を自然に指せますし、「悪形」になると気持ちが悪くなります。初心者は「形」がわからず、「好形」の何がよくて「悪形」の何が悪いのかピンときません。「好形」も「悪形」もわからないため、無数の選択肢の手から次の手を選んでいることになります。
「形」がわかっている有段者は、「好形」「悪形」の視点から選択肢を絞れます。実際には「悪形」は選択肢として意識されない。なので考える効率が初心者と比べて格段によくなります。

どんな形が「好形」なのか?理解することが大切

ドラフツでも同じです。何が「好形」なのか、意識できていないと、有効なコマ組みを目指せませんし、勝ちになる形を見逃してしまうことになります。

ショットではない。一見じっと動かしただけだけど、相手に手がなくなっている。こちらが「好形」になっている。華やかなショット=コンビネーションとは異なり、一見、コマを進めただけ、あるいは交換しただけの手。そういう手がいい手だと、瞬間的にわかるようになると強くなれるのだろうなと思います。

黒の悪形例

悪形をとがめる手

この形、黒22があり、黒24と黒19がある形、この形では白32−27が絶好の手になります。

悪形の理由

文章で書くと、理由は以下の通りです。

  • 32−27は黒22,17,18の身動きをできなくしている「チェーンロック」という形
  • 黒はこのロックを外すには通常「19−23」としてコマ交換を行う。
  • しかし黒24があるために、この手ができなくなっている。つまり通常の自然な手では「ロック」が外れない。黒は手の選択が限られ、動きが不自由になってしまう

対局で痛い目にあうとわかってくる

多分初心者にはちんぷんかんぷんだと思います。対局を何回も重ね、「チェーンロック」に痛い目に何度もあって、どうやってそのロックから外れるかを苦心した経験があり、上の理由を理解していると、

この局面では32−27を指したい!

という気持ちになります。

「好形」「悪形」が分かると、相手のミスを咎めることができるようになる

こういう「好形」を意識している/していないの違いは、戦略のたて方にも大きく影響しますし、そしてその後の指しやすさも大きく変わってきます。

日本人プレーヤーの限界

ドラフツの理論本は、英語のものが少ないこともあり、私も含めた日本人プレーヤーは「好形」「悪形」を本から学ぶことができません。「形」のストックが少ないのが現状だと感じています。
ここをなんとかできれば、日本人プレーヤーも一段と強くなるはずだと思っています。