入門卒業時期のもやもや

ドラフツを始めて入門の時期を過ぎ始めると、「中盤のコンビネーションが見つかるようになって、中盤楽しい!」「終盤、キングを使って、相手のコマをモリモリ取る勝ち方もわかってきた!」と、中盤・終盤はその楽しみがわかってきます。
一方序盤は「どう指せばいいのかさっぱり」「コマが左右どちらに進むかは指先の気分次第」と、まだまだ雲をつかむような状態です。

入門者にとっておきお勧めの戦法「フォーク・ロック」

後日、序盤の簡単な考え方はご紹介しますが、今回は、入門者にとっておきお勧めの戦法「フォーク・ロック」の模範対局棋譜を紹介します。(解説はまた後日)何度か動かしてみると、フォーク・ロックを作り上げるまでの動きがイメージできるかと思います。

こちらが、その対局例。前半2局は「フォーク・ロック」、後半2局は「ハーフ・フォーク・ロック」と呼ばれる形です。